Make your own free website on Tripod.com

巻末スペシャル対談




「ピーナッツにっき」の無事終了を期して、このホームページの名バイプレーヤーであるハムスターの皆さんにご登場ねがい、制作にまつわる思い出などをお話しいただきましょう。

では、まず自己紹介からドーゾ。




cチンクです。体重210gで、食べるの大好き。「にっき」には一番早く登場しました。

sソノコです。体重200g。ちょっと臆病さんです。ピーナッツと干しぶどうが好き。

hハナオです。1月31日生まれの水瓶座、体重は148gです。オレの隠れファンが多いって本当?

pペペです。もうすぐ満1歳で、体重は150gです。チンク・ハナオ・ソノコの母です。ロン毛です。




pというわけで、わずかだけどピーナッツが収穫できました。

s途中で枯れちゃったりしなくてよかったね。芽が出る前に土をかき分けて見たり、引っこ抜いたりしてたから、絶対ダメだと思ったのに。

cほーんと。土なんかもテキトウみたいだったし。

h水やり忘れたときもあったよ、オレ知ってる。

sいきなり鉢に蒔かないで、小さいビニールポットに種を1粒ずつ埋めて、葉っぱがちゃんと出てきたら植え替えるようにするといいみたい。

cへぇ、かんさつを始める前に知ってたらヨカッタね。

pあっ、そうだ。莢の中で芽が出始めちゃったのがあったでしょ?アレどうしたのかな。

c1粒は鉢に植えたって聞いたけど・・・

hあれ、オレがもらって食べちゃったよ。




pobasan(作者のこと・編注)は、ホームページのためとか言ってすぐにワタシ達をつまみ出して、ピーナッツの前に立たせたりじっとしてろとか注文したりするのには閉口したワ。

cそうそう。葉っぱや種を食べていいのかと思ったら「ダメダメ〜!」とか言うしね。

s全くobasanて勝手。

p勝手と言えば、ホームページの更新、職場のマシンからもやってたらしいじゃない?

hそれって、ゲッキュードロボー?!

pでもそのドロボーしてきたゲッキューで、ペレットやトイレ砂やお野菜を買ってるのよ。

cshふむぅ・・・(しんみり)




c台湾で見つけたガーリックピーナッツ、アレは好評だったね。

s私たちは食べちゃダメって言われてたけど。

hおいしいおいしいって絶賛してたら、台湾に住んでるオネイサンが1kg以上も追加を送ってくれたんだよ。ラッキイ!

sあー、地震の前ね。

hうん

pピーナッツを使った食べ物って、ホントいろいろあってたのしいね。

s調べれば、きっともっとあると思うよ。

pインドあたりも要チェックかしら?

cピーナッツは半分が脂肪で出来てるけど体に良い油だし、ビタミンEやBやオレイン酸、ポリフェノールなんかも含んでるんだって。

pへえぇ。健康食品ね。

sこれから寒くなるから、体に脂肪を蓄えるためにも、もっとたくさん食べさせてほしいナ。

chpそうそう!




p「ピーナッツにっき」ハムスターのサイトが煮詰まっちゃったから、気分転換のために始めたとか言ってたけど・・・

hはやくオレたちのホームページをやってほしー。

cそうよそうよ。毎日あんなことこんなこといろんなことをやらかしてネタには不自由してないはずなのに。

sそーいえばobasan最近、モルモットのページばっか見てるよ。

hほとんど写しっぱなし。

pあーアレ、モルちゃんの運動場の写真が勝手に切り替わるヤツでしょう。obasanがインターネットする時間は、ちょうどモルちゃん達が元気に活動する時間帯だから、見てて楽しいよね。

hライブカメラっていうんだって!

cへえぇ。ワタシたちもライブカメラしてほしー。

sあんなことこんなことしてる様子が、全世界に発信されちゃうなんて、ちょっと照れるー。

hウッシッシ




sあとobasan、パソンコやりながらいっつも歌うたってるよ。

chウルサイネー! ナニあれ?

pThe Miracle Mannとゆーバンドだって言ってたわ。この前パソンコにスピーカーつけたから、CDの音が良くて嬉しいんだって。

hcフーン

sでも今晩はobasan、静かだね。

p暗くて狭くて空気が悪くて喧しい、らいぶはうすとかいうところに出掛けたのよ。

hもう、たいがいにしてほしいヨ。

cほんとホント〜。

sハムスターのホームページの更新はどうなるの!

pobasan早く帰ってきて〜!

csh帰ってきて〜!

cごはんチョーダーイ!

sサンポ〜!

hお水が少ないっ!

pどんぐりの殻、割って〜!




おっと、お話が思わぬ方向へ逸れてしまったようで。




個人のホームページなんて、それ自体世の中の蛇足みたいなもんですが、このページはその蛇足の蛇足。ながながおつきあいいただきまして、ありがとうございました。

またどこかでお目にかかれることを楽しみに。

バイバイキーン
著者近影(←っていつだよ)

TO TOP